すずめ歯科院長 鈴木宏治のブログ
「歯ブラシについて」「噛み合わせについて」

10/8に、CLSというスタディーグループに参加させていただきました。

今回は仙台で開業されている花岡先生から、「市販されている歯ブラシについて」。同じく仙台で開業されている齋藤先生から「成長発育期の咬合治療について」というタイトルでお話を聞かせていただきました。

 

歯ブラシについては、私も日頃、考えていることがあります。「メーカーさんは、色々と利点をアピールしているが、実際にどうなのか?」「プロフェッショナルである、歯科医師や歯科衛生士と、そうではない患者さんでは、歯ブラシや電動ブラシの使用についてどのような違いがあるか?」という点です。歯ブラシは次々に新しいものがあったり、メーカーさん主導のデータでは、自社に都合の良いものが出やすいため、真実が分かりにくい状況です。

「すずめ歯科」では、プロフェッショナルではないスタッフさんにも試してもらって、使いやすいかどうかという視点で、歯ブラシや歯間ブラシなどを選んでいますが、どのくらいきれいにできるのか?。どの歯ブラシがどういう部分に掃除がしやすいのかということは明確ではないのが現状です。

 

今回の発表では、被験者が身内の方1名で、単純に使用者の感想ということで、データとしては有用ではありませんでしたが、今後、ランダムに歯ブラシや電動ブラシをしようして貰ったり、変更してどうなったのかというデータを蓄積していただくと、リアルなデータが出て参考になるため、今後が期待できる発表だったと思います。

 

また、齋藤先生からは、噛み合わせを考慮に入れて、矯正治療を行うという内容で、とても興味深い内容でした。また、会場には矯正の専門医の先生もいらっしゃったため、専門医の意見も交えてお話を聞くことができ、今後の診断について有用な時間でした。

顎関節症、ブラキシズム、歯周病について



 

10/6に、歯周病の治療の勉強会に参加させていただきました。上の写真は、教えていただいた池田先生、歯科衛生士の佐藤さんの著書と、著書にいただいたサインです。

佐藤さんの著書は他にも5冊ありますが、どれも読みやすく、内容も充実しているため、勉強したい歯科衛生士さんにもオススメの本です。

 

今回は、北海道大学の准教授の有馬先生から、顎関節症の診断と治療の現在の世界基準について、そしてブラキシズムについて教えていただきました。一見難解な顎関節症に対して、理論的にわかりやすく教えていただき、顎関節症の対応に関しては、かなり理解できたと思います。

また、歯周病の悪化に影響がある可能性のあるブラキシズムについても、思い込みではなく、データに基づいた説明をいただきました。

 

池田先生からは、歯周病の手術についてのお話を聞かせていただき、佐藤さんにその際のSRPという処置についての実習をしていただきましたが、教科書には載っていない細かいテクニックをご教授いただきました。

毎回札幌の勉強会では、貴重な情報、技術を持ち帰ることができ、苦手な飛行機で飛んだ苦労以上の価値があります。

お子さんの矯正治療

9/29に、大阪歯科大学さんの同窓会のポストグラデュエートコースに参加させていただきました。仙台駅の東口で矯正歯科専門で治療されている、堀内先生からのご紹介で、大阪まで学びに行かせていただきましたが、色々と腑に落ちる研修会でした。

 

福山市で開業されている矯正専門医の小川先生から、「コレだけは知っておきたい「矯正のウソ?ホント?〜小児の咬合育成から保定管理まで〜」というタイトルで、矯正専門医が考えているお子さんの矯正治療についてお話を聞かせていただきました。

 

10:00〜16:00という時間でしたが、あっという間に感じるほどの濃密な内容で、うち1時間はその場にいらっしゃった著名な矯正専門医や小児歯科で矯正を頑張っている先生方のディスカッションもあり、お子さんの矯正治療をどう考えるかという基礎をみっちりと学ばせていただきました。

 

大学病院にいた時に、お子さんの矯正治療をさせていただいたこともありますが、その際に色々と悩んだこともあり、東京の矯正専門医の理事長の下で働かせていただいた際にも考えることがありましたが、とてもスッキリしました。歯並びの治療に関しては、色々な考え方があると思いますが、今回の話の内容で、自分の中で腑に落ちた内容について、参考に書かせていただきたいと思います。

 

歯並びに関しては、ご親族でお顔が似るという現象で理解できるように、遺伝的に骨格が決まっているという先天的な問題があります。また、その後の姿勢の問題や、クセなどの後天的な問題もあります。

この2点が相まって歯並びや顔貌が、成長とともに変化していくため、お子さんの時の治療は最終的なものがはっきりと予測できないという点で難しいと思われます。

 

とは言え、後天的な問題もあるのであれば、成長を邪魔する影響のある部分に対して、お子さんのうちにアプローチした方が、その後の問題が回避される可能性もありますし、うまくいけばその後の矯正治療が不要になる可能性もあります。

 

おそらく、お子さんの時期に矯正治療を行う際に、2つの問題に対してアプローチすることがいいのではないかと思われます。

 

1つ目は、歯並びに悪影響になる姿勢や癖を改めるということです。姿勢に関しては、起きている時の姿勢もそうですが、就寝時の姿勢も影響してきます。また、昨今目につくようになったMFTというお口の筋肉をきちんと使うように訓練する方法は、舌のポジションや使い方、口唇の使い方を正しいものに変えていくというものですが、こちらも重要だと思います。

 

2つ目は、下の顎の成長は、全体的な成長が終わるまで続きますが、上の顎の骨は小学生の間で終了してしまうため、上の顎の骨の成長が悪い場合は、成長を促進するような処置をした方が良いということです。上の顎の骨の成長が悪く、歯が並びきらない場合に、横に拡げる処置が散見されますが、横方向の成長は、頬杖やお口ポカンの状態のような悪い癖が改善されていれば、自然に拡がるため、明らかに横方向の骨の幅が狭い場合以外には、それほど効果がなく、また、成長の過程で、また狭まるため、お子さんの骨の状態を確認して対応する必要があります。

 

成長も考えて、どこまで歯並びに介入するのかを見極める必要があり、下の顎の骨の成長は、予測がつかないため、成長期後の治療も必要になる可能性を考慮して、治療をする必要があることが改めて理解できました。

専門医の総入れ歯治療

9/22に、総入れ歯の専門医として有名な松丸先生の「総義歯患者の満足度を高める勘所とテクニック〜総義歯治療専門医が実践していること〜」という演目の講演会に参加させていただきました。

 

私と同年代ながら、総入れ歯の治療のみを行い、その技術や知識に定評のある松丸先生は、以前から噂を聞いていたのですが、仙台で講演会があるとのことで、参加させていただきました。

 

5時間以上の長丁場でしたが、初めから最後まで、細かいスキルや知識について惜しみなく情報を伝えていただき、かなり刺激になりました。

その中でも、骨がだいぶ無くなってしまった難症例と呼ばれる場合に、どのように型を採るのかというお話が最もインパクトがありました。実際に、通常通りに型を採ってもなかなかうまくいかないのですが、どのように考えて、どう行なっているのかということを、動画を交えて説明していただきました。あまりに見事すぎて、自分でも同様のことが簡単にできるように思えるほどでした。

 

技術もさることながら、松丸先生の情報量も素晴らしく、データに基づいた話で、質問に対しても的確に対応されていました。

 

講演会の翌日に、実際に自分でどのように治療をしようか考えていたことについて、質問をした際にも、親切に対応していただき、今まで行なっていた総入れ歯の治療について、症例の種類に応じて、方法論を変えていこうと思います。

粘膜疾患と、AIによる簡易的診断

9/19に、東北大学大学院歯学研究科口腔診断学分野講師、東北大学病院特命教授、周術期口腔支援センターセンター長の飯久保先生から、「口腔粘膜からみる全身の健康」という演題で、お話を聞かせていただきました。

飯久保先生は、私が東北大学の学生だった頃に、お世話になった先生で、とてもユニークな先生で、今回も面白くお話を聞かせていただきました。

 

がんの治療中、治療後にどのような変化が、お口の粘膜に起こり、それに対してどのように対処するのかという話は、周術期口腔支援センター長としての、実際の現場で培った経験に基づいたお話で、とても勉強になりました。

 

また、私が別の勉強会で、口腔がんの診断ついて学ばせていただいていますが、その中で話があったのと同様に、「悪性かどうかは、見ても分からない」というお話と、「分からないことは恥ではないので、大学病院などに紹介をしても良い」という言葉は、まさしくその通りだと思いました。

 

患者さんとのコミュニケーション

上の写真は、患者さんから頂いたお土産とお手紙の写真です。

この日はご予約を頂いていないのですが、わざわざ来院していただき、受付で渡していただきました。

 

治療にも長く通っていただいた患者さんなのですが、その後も悪くなる前に来院されて、小さな問題のうちに解決しているため、今後の経過について安心している方です。

 

お手紙には、当院に関しての感謝の念が溢れる文章が書かれていますが、「すずめ歯科」のスタッフや私にとっては、逆に感謝しているほどです。

もちろん、このようにお土産を頂いているということもありますが、何より、信頼していただいて長期の治療にもお付き合いいただき、その後も、少しでもきになることがあれば、話して頂けるからです。

 

初めのうちは、どこまで話して良いのか分からない方々が多いのですが、我々も気付かないことがありますし、困っていることについて話をして頂けるのは、むしろ患者さんの状態を理解するのにとても助かります。

 

今回いただいた手紙を通して、「すずめ歯科」に長く通っていただいている方とは、小さなことでもお話することができて、大事になる前に対応することができるので、こういった環境を維持していくのは重要だと再認識させていただきました。

 

「すずめ歯科」は、予約の取りにくい歯科医院というイメージができているようで、なるべく多くの患者さんの予約が取れるように、1人の患者さんに割く時間を減らすことも考えたり、実行したりした時期もありました。

ご予約でいっぱいのため、急な患者さんには、だいぶお待ちいただくことになるという部分もあります。

 

それでも、なかなか取りにくい予約で、きちんと来ていただいている患者さん達には、コミュニケーションを取って、しっかりと対応させていただいた方が、自分にとっては良い医療が提供できる環境だと再認識することができました。

現在、手伝ってくれている、歯科医師の先生も、歯科衛生士さんも、とても良く患者さんに対応してくれていますが、今後も妥協せず、良い人財を増やしながら、ゆっくりと対応させていただこうと思います。

 

 

CT、マウスピース矯正、そして入れ歯

9/10に、CLSというスタディーグループに参加させていただきました。

今回は、歯科用品の通販会社のCiさんから、CTの新機種の紹介。インビザラインgoという、一般開業医向けの前歯をメインとしたマウスピースの矯正についての紹介。仙台で勤務されている阿部先生による、フラビーガムという歯茎がブヨブヨになってしまった状態の方に対する入れ歯の治療についての症例発表という盛りだくさんの内容でした。

 

CTのような医療機器は、より精密により低コストになっていく傾向にありますが、今回紹介していただいた機器も、より画像が見やすく、使いやすく、低コストになっていました(低コストとはいえ、工学ではありますが)。個人的には、CTの被曝量は大きいため、安易に撮影するべきではないと考えていますが、CTの撮影が必要な症例もあるため、便利なものだとは感じているので、より安価になるのはありがたいと思います。

 

インビザラインは、もともとマウスピース矯正の先駆者で、アメリカでは一般的なワイヤーを用いた矯正よりも症例が増えているとのことでした。目立たず、安価に歯並びを治すことができるというメリットもありますが、できる範囲に限りがある矯正治療でもあるため、すべての治療には適応されるわではないと思います。難しい治療は矯正専門医、マウスピース矯正が可能な場合は、一般開業医での治療というのも、矯正治療に裾野を広げるには、良いのかもしれないと感じました。

 

阿部先生の症例では、ご本人もお話をされていましたが、現実的ではない部分もありましたが、きちんとした治療をされていて、噛み合わせに関してしっかりと考えられた治療だなと感じました。

 

やはり、月に一度は、このような場で話を聞くのは、刺激になります。

レッジの修正について

9/8に、「プレカーブを用いたレッジ修正の方法について」というタイトルのセミナーを受講してきました。

「レッジ」とは、簡潔に説明すると、根の治療をした際に、神経と血管が入っている根管という管の形とは違った方向に、削ってしまっている状態のことです。間違った方向に削られている根管を修正するのは、難しいのですが、Hyflexという道具を用いて、スムーズに治すことができるという内容のセミナーでした。

実習もありましたが、実際にレッジができているケースでも、思っていた以上に修正ができたので、「すずめ歯科」でも、この器具の導入を検討しています。

 

治療の痕跡がある歯で症状がある場合や、他の歯科医院で治療中で、痛みが取れないといった場合には、「レッジ」ができていることが多いので、この器具で改善できるようであれば、今まで以上に治療期間を短くすることが期待できるのではないかと思っています。

歯周病と矯正治療

9/1に、札幌の池田先生と大出先生の、歯周病治療におけるMTMについてのセミナーに参加させていただきました。

 

進行した歯周病では、歯が移動してしまっている症例があります。歯が移動してしまっている状態では、感染の問題が改善された後も、力の問題が残ってしまい、再発することもあるため、MTMと呼ばれる一部の歯を移動する矯正治療が有効なことがあります。

 

歯周病の治療の一環としての、矯正治療は、もちろん保険が効かないという面もありますが、そもそも状態が悪い歯を動かすということで、色々と考えなければいけない面があります。

 

今回のセミナーでは、歯を支える骨や、歯自体のダメージを極力抑えて、歯を動かすために、どのような装置で、どのような力で動かしていくかということを学びました。実習もありましたが、針金を曲げる実習は久しぶりで、刺激になりました。

 

すずめ歯科でも、歯を動かした方が良い症例では、なるべくコストをかけずに、MTMができるようにシステムを構築しようと思っています。

専門医の歯周病治療

8/24に、札幌の池田先生のクリニックで、歯周病の治療について、学ばせていただきました。池田先生が雑誌に記事を12ヶ月連載されていたものの別刷りが上の写真です。ちなみに、池田先生にいただきました。

 

今回は、難しい症例の検討と、歯周病の治療を行う際に使う道具を研ぐという実習。そして実際の歯石取りの実習を行いました。

池田先生のクリニックの衛生士さんから、色々と教えていただきましたが、とても分かりやすく、今までよりも質の高い治療ができるようになる見込みがつきました。